特に興味深かったのは、書き手と読み手では記憶の種類が異なるという視点

★「あなたの文章が<みるみる>わかりやすくなる本(日本実業出版社)」の読者の感想です。

新刊書を読んで特に興味深かったのは、書き手と読み手では記憶の種類が異なるという視点です。

二つの記憶モードがあるということは、知識としては知っていましたが、記憶の仕組みと、文章構成の関連性には思い至りませんでした。

著者の記憶モードで著述していたのでは、記憶モードを異にする読者は話についていけない。
結果として、お話にならない文章が出来上がってしまう。

そうならないためには、記憶の仕組みを理解して、適切な情報量に絞り、印象づけたり、繰り返したり、めりはりをつけるなどの工夫が、文章には不可欠なのですね。

<本の詳細>
・タイトル:あなたの文章が<みるみる>わかりやすくなる本
・出版社:日本実業出版社
・著者:石崎秀穂


<Amazonで購入>
Amazonの販売ページを見るには以下のリンクをクリックしてください。Amazonでは「立ち読み」ができます。

あなたの文章が〈みるみる〉わかりやすくなる本

※)読者の皆様からメールしていただいた内容、ほぼ、そのままの形で公開しています(ほぼ原文です)。ただし、感想・批判などとは関係のない部分をカットしていたり、改行などを入れたりしていることもあります。

HMBの英語の参考書の感想
HMB〜良質な英語教材や英文法の参考書を提供のトップページ