小学生英語

どのような英文法の参考書なのでしょうか。
ショウとナナミが説明してくれるようです。

ねえ、ショウ。
どんな英文法の参考書なのか、説明してよ。
うん!
ボクに任せて!
……
……
……ナナミ、どんな本参考書だったっけ。
もう!
私たちが、黒魔導士を倒す旅に出る話じゃない!
そうだった!
登場人物を思い出したよ!

スポンサード リンク


主要な登場人物

1.ショウ(主人公)
黒魔導士に、その姿を猫に変えられた11歳の少年。
猫にされた両親や、村の人々を元の姿に戻すために、黒魔導士を倒そうと決意して、村を出ました。行く先は、高名な魔法使いの住む荒野。高名の魔法使いに、黒魔導士を倒すカギとなる「魔法カード」の使い方を教えて貰おうと思ったのです。



2.ナナミ(ヒロイン)
黒魔導士を倒すカギとなる「魔法カード」の使い方を教えて貰うために、高名な魔法使いの元へと旅立った11歳の少女。道中、ショウと出会う。



ショウ。
思い出した?
うん!
伝説の魔法カードで、黒魔導士を倒すんだったよ!
そうね。
大分、思いだしてきたみたいね。
うん!
ストーリーも思い出したよ!

ストーリー

ある日、突然、王国に、黒魔導士が率いる悪の軍団がやってきました!
黒魔導士に、両親や村の人々を猫に変えられ、自身も猫になった11歳の少年のショウは、黒魔導士を倒して、両親や村の人々を元の姿に戻すべく、11歳の少女のナナミと共に、村を出ました。
行く先は、高名な魔法使いの住む荒野。
高名な魔法使いに、黒魔導士を倒すカギとなる「魔法カード」の使い方を教わろうと思ったのです。
ここから本書の物語ははじまります。
ショウとナナミは、魔法カードの使い方を覚えて、黒魔導士を倒せるのか!?
……と、まるで、英文法と関係のない内容ですが、ゲームや漫画のように、熱中して勉強できる英文法の参考書です。

ショウ。
どこを旅するのか、覚えている?
うん!ボク、覚えているよ!
「岩場」「街」「お城」だよ。
ボク、街の中が好きだな!
図書館とか、巨大な井戸とか、時計台とか……楽しいところが一杯だね!
あっ!お城も捨てがたいね!
黒魔導士の部下の魔物がいて、怖いけど……
もう!
ショウの感想じゃなくて、きちんと、世界観を説明してよね!
うん!

世界観

世界地図です。
※)制作過程なので、変更するかもしれません。



そして、2人が旅する場所。

◆荒野
魔法使いが住む場所。
ここで、2人は、魔法使いから「魔法カード」の使い方を学びます。



◆鉄壁の街
2人と魔法使いは、街の色々な場所に行きます。



◆お城
黒魔導士が住むお城です。要所要所に黒魔導士の部下が守っています。



また見に来てね!


※)原稿は完成して、つぎの本になりました。









■ネットで購入
amazonから購入:マンガで学ぶ小学生英語ドリル
楽天ブックスから購入:マンガで学ぶ小学生英語ドリル

石崎秀穂の著書のトップページ